Blog

情報発信ブログBy 株式会社Tech Drone

【徹底比較】日本と海外のドローンメーカーを分析!その魅力を解説

機体情報最新情報・その他

あなたは、ドロ-ンのメーカーについて、どれくらい知っていますか?

ドローンに興味を持ったばかりの人でも、ドローンメーカーのDJIは、知っている人が多いと思います。

では、DJI以外のメーカーは、どうでしょう?

  • どんなメーカーがあるの?
  • 性能や価格は、どこが良いの?
  • サポートは、どのメーカーが充実している?

そんな疑問も、解決可能です。

この記事を読めば、ドローンのメーカーの特色が理解できて、あなたに最適なドローンが見つかるでしょう。

各メーカーの代表ドローンの機体情報や価格情報も紹介しています。

ドローンの購入を検討していて、いろいろなドローンメーカーを知りたいと思っている人にとっては、必見な記事になるでしょう。

この記事をドローン仲間とするドローントークの話のネタに使ってください

当サイトは、初めて購入するドローンであれば、DJIのドローンをお勧めします。

DJIをおすすめする理由も、わかる記事です。

目次

日本のドローンメーカー

日本にも数多くのドローンメーカーが存在し、それぞれが独自の道を切り開いています。

産業用ドローンの分野で、日本の企業が技術力と革新性を競ってる点が特徴的です。

ビジネス用途でのドローン導入時に、検討の対象となる機体が数多く存在します。

その結果、個人が趣味で飛ばすようなドローンは少なく、価格は高額な機体が主流です。

2022年12月に導入されたドローンの「機体認証制度」の対応は、現状、日本のメーカーの製品のみが認証を受けています。

機体認証とは

国が認める安全なドローンの認証制度です。
機体認証があれば、国家資格を持つ人は、ドローン飛行申請を免除される場合があります。
機体認証の製品が増えると、国家資格の取得のメリットも大きくなると、期待されています。

これらの日本メーカーは、それぞれが持つ独自の技術と製品で、ドローン市場をリードしています。

今回は、以下のドロ-ンメーカーをピックアップして紹介します。

  • 株式会社ACSL
  • イームズロボティクス株式会社
  • ソニー株式会社
  • ヤマハ発動機株式会社
  • 株式会社NTT e-Drone Technology
  • 株式会社Liberaware

株式会社ACSL

ACSLは、産業用ドローンの開発と社会への実装に向けて、実証実験などを行っている企業です。

同社は自社開発のフライトコントローラーを持ち、最適な制御技術を開発・組み合わせることが可能で、セキュリティも万全です。

日本国内だけでなく、米国を中心に海外展開にも精力的な企業です。

主な活躍の分野

  • 物流
  • 点検・測量
  • 災害対策
本社所在地東京都江戸川区臨海町3-6-4 ヒューリック葛西臨海ビル2階
設立年2013年11月
公式サイトhttps://www.acsl.co.jp/

SOTEN(蒼天)

引用 株式会社ACSL

SOTENは、セキュリティ対策を施した小型の産業ドローンです。

カメラのワンタッチ切り替え方式を採用し、幅広いカメラの選択ができます。

カメラは標準カメラの他、赤外線カメラ+可視カメラ、マルチスペクトルカメラ、光学ズームカメラとの交換が可能です。

用途用途、防災、点検、測量
重量1,720g(標準カメラ・バッテリー含む)
最大飛行時間25分
価格オープン価格
参考価格:989,000円(税込1,087,900円)
価格参考サイト:株式会社インフラマネジメント
https://infra-m.co.jp/online-shop/online-shop-1894/
製品サイトhttps://product.acsl.co.jp/product/post-369/

PF2-CAT3

引用 株式会社ACSL

PF2-CAT3は、日本初第一種型式認証取得した国産ドローンです。

ACSLがレベル4飛行(有人地帯での目視外飛行)を見据えて開発した機体で、主力機「PF2」の派生機です。

非GPS環境下でも自動航行のできる機能と、日本化薬製のパラシュートも備わって、安全性能を最優先しています。

用途運搬、防災活動
重量機体:5.53kg/バッテリー:3.27kg
最大飛行時間未公開 参考:郵送・物流ドローン29分(ペイロードなし)
価格未定
製品サイトhttps://www.acsl.co.jp/news-release/press-release/3246/

イームズロボティクス株式会社

イームズロボティクス株式会社は、最新のロボティクス技術とAIを活用したドローンを開発しています。

単なるドローン製造だけに終わらず、顧客の課題解決に向けたソリューション提案に力を入れているという特徴があります。

主な活躍の分野

  • 物流
  • 農業
  • 点検・測量
  • 調査
  • 災害対策
本社所在地福島県南相馬市小高区飯崎字南原65番地の1
設立年2016年3月28日
公式サイトhttps://www.eams-robo.co.jp/

E6150TC

引用 イームズロボティクス株式会社

E6150TCは、2024年4月5日に第二種型式認証の物流用途機体として正式に認められました。

日本国内様々な地域で、実用化に向けた研究開発、実証試験を実施し、ドローン物流ビジネスの実現に向け貢献している機体です。

用途運搬
重量18.0kg(バッテリーとブレード含む)
最大飛行時間35分
価格問い合わせ必要
製品サイトhttps://www.eams-robo.co.jp/products/e6150tc/

ソニーグループ株式会社

ソニーグループは、エレクトロニクスおよびエンターテインメント産業において、世界的に知られる日本の企業です。

その革新的な技術と製品を生み出してきた製品の中の一つに、ドローンがあります。

映像や画像技術における豊富な経験と専門知識で、ドローン製品の開発においても優れたポテンシャルを持っています。

高品質なカメラや、センサー技術を活用したドローン製品は、専門家やクリエイターにとって、魅力的な選択肢です。

主な活躍の分野

  • 映像
  • 災害対策
本社所在地東京都港区港南1-7-1
設立年1946年5月7日
公式サイトhttps://www.sony.com/ja/

Airpeak S1

引用 ソニーグループ株式会社

Airpeak S1は、映像制作クリエイターの創造力を最大限に引き出す、高性能な飛行機体です。

フルサイズミラーレス一眼カメラαTMを搭載可能な世界最小クラスのドローンです。

送信機、アプリケーション、クラウドと連携し、飛行と撮影だけでなく、事前のプランニングや、情報管理までをトータルでサポートするAirpeakシステムが特徴的です。

これにより、高精度なデータ取得と、高解像度の撮影性能を実現し、安全かつ効率的なドローン運用が可能です。

用途映像、測量
重量5.39kg(バッテリーLBP-HM1, RTK-1を含む)
最大飛行時間12分(カメラ+レンズ搭載時)
・デジタル一眼カメラα7S III
・Eマウント用レンズFE 24mm F1.4 GM
価格問い合わせ必要
参考価格1,155,000円(本体のみ)
価格参考サイト:UAMOOM
https://www.uavoom.com/products/airpeak-s1
製品サイトhttps://www.sony.jp/airpeak/products/ARS-S1/certification.html

ヤマハ発動機株式会社

1980年代初、政府団体からの委託により、農地への薬剤散布の無人ヘリコプターの開発が始まりました。

1987年には世界初の産業用無人ヘリコプター「R-50」が実用化されました。

現在は、産業用無人ヘリコプター「FAZER」のほか、マルチローター型のドローンも開発しています。

主な活躍の分野

  • 物流
  • 点検
  • 調査
  • 災害対策
本社所在地静岡県磐田市新貝2500
設立年1955年7月1日
公式サイトhttps://www.yamaha-motor.co.jp/

FAZER R

引用 ヤマハ発動機株式会社

ヤマハ発動機の「FAZER R」は、産業用無人ヘリコプターです。

最大積載重量35kgで、長時間の運用や長距離飛行が可能です。

対地高度を一定に維持可能で、ホバリング中は対地高度を一定に保つ制御を行い、移動中は地形の凹凸に沿うように機体を上下に制御します。

このほか、障害物検知機能や自動離着陸機能など、安全性と操作性にも優れています。

用途農業(農薬・肥料散布)、点検、運搬
重量73kg
最大飛行時間公式未掲載
参考100分
参考記事:ドローンジャーナル
https://drone-journal.impress.co.jp/docs/event/1183614.html
価格参考価格:13,090,000円
価格参考サイト:JOURNAL
https://agrijournal.jp/goods/fazer-r/
製品サイトhttps://www.yamaha-motor.co.jp/ums/heli/

株式会社NTT e-Drone Technology

NTTイードローンは、NTTグループのドローン専業会社です。

国産ドローンメーカーとして、農業用ドローンの自社設計開発製造を行っています。

NTTイードローンは、国産または、欧米ドローンの活用による、課題解決に向けたソリューション提案に力を入れています。

主な活躍の分野

  • 物流
  • 農業
  • 点検・測量
  • 災害対策
本社所在地埼玉県朝霞市北原2-4-23​
設立年2020年12月10日
公式サイトhttps://www.nttedt.co.jp/

AC101 connect

引用 NTTイードローン

バッテリー1本で最大約2.5ヘクタールの散布が可能で、従来のドローンに比べて、1本のバッテリーで倍以上の飛行時間が得られると好評です。

軽量でコンパクトな設計により、軽トラックや軽バンにもすっぽり収まるサイズで、女性や高齢者でも簡単に扱うことが可能です。

離着陸アシスト、高度&直進アシスト、散布アシスト等があり、誰でも簡単に操作可能です。

補助金を活用した導入をふまえて、法定耐用年数である7年の7年サポートを保証するなど、利用者の目線にも立っています。

用途農業(農薬・肥料散布)
重量6.2kg
最大飛行時間30分(ホバーリング時)
価格オープン価格
参考価格:1,440,000円(税抜)機体本体価格
製品サイトhttps://www.nttedt.co.jp/ac101-connect

株式会社Liberaware

株式会社Liberawareは、点検・導入サービス、自動巡回サービス、画像解析サービス、受託開発などのソリューションを提供しています。

非GPS型小型ドローンの開発やIoT技術・人工知能を活用したシステム開発などを行っています。

主な活躍の分野

  • 点検
本社所在地千葉県千葉市中央区中央3-3-1 フジモト第⼀⽣命ビル6階
設立年2016年8⽉22⽇
公式サイトhttps://liberaware.co.jp/

IBIS2

引用 株式会社Liberaware

IBIS2は、狭い空間でも安定した飛行が可能な世界最小クラスのドローンです。

2基のヘッドライトを装備し、暗い場所でも作業が可能です。

さらに、最大40gのペイロードを搭載でき、防水防塵性能もIP51規格を満たしています。

これらの特長により、IBIS2は産業現場での点検作業を効率的かつ安全に行うことが可能です。

GPSが届かない狭い空間にも進入可能で、倒壊した家屋や危険な設備の内部での状況確認で、活用された実績があります。

用途点検
重量243g
最大飛行時間11分
価格問い合わせ必要
製品サイトhttps://liberaware.co.jp/ibis2/

日本のメーカーは、産業向けが多いですね。

ドローンでビジネスを始めるなら、

日本のドローンメーカを選ぶのも良いかも?

海外のドローンメーカー

近年、ドローン市場は急速に成長していますが、日本のメーカーは世界市場でのシェア拡大に苦戦しています。

その背景には、海外の強力な競合他社の存在があるからでしょう。

特に、中国のDJIは世界のドローン市場を席巻しており、DJIの世界シェアは脅威の約70%以上

米国市場は主に産業用ドローンに注力しており、軍事や商業用途での需要が高まっています。

ヨーロッパでは、ParrotやYuneecといった企業が一定の市場シェアを持っています。

一方で、日本のドローンメーカーは、高品質な製品を提供しているものの、価格競争力やマーケティング戦略で後れを取っている状態です。

さらに、日本市場自体が規制や、安全基準の厳しさから、他国に比べて成長が遅れており、国内市場の小ささが、ドローンメーカーが育たない大きな要因です。

ここでは、世界をまたにかける海外のドローンメーカを紹介します。

日本のドローンメーカーとの違いも、チェックしてみましょう。

  • DJI
  • Parrot
  • Skydio
  • Yuneec

DJI

DJIは、2006年に中国深圳で設立された、世界最大のドローンメーカーとして知られています。

2013年に発売されたPhantomシリーズは、使いやすさと品質の高さでプロおよびアマチュアユーザーから絶大な支持を得ました。

産業用ドローンでも農業、測量、映画撮影など多岐にわたる分野で利用されており、グローバルシェアを急速に拡大しています。

ユーザー目線の製品開発と、市場ニーズの的確な把握が、DJIの確実な成長の鍵と言えるでしょう。

主な活躍の分野

  • コンシューマ
  • 物流
  • 農業
  • 点検・測量
  • 調査
  • 災害対策
本社所在国中国
設立年2006年1月18日
公式サイトhttps://www.dji.com/jp

DJI FlyCart 30

DJIはさまざまなドローンを販売していますが、この記事では一例でFlyCart 30を紹介します。

FlyCart 30は、長距離で重量物を運ぶことができる、配送に特化した物流ドローン。

貨物モードとウインチモードに対応しており輸送状況に合わせて変更が可能です。

重量と重心の検出により、積載貨物のバランスを保ち、安全かつ安定した飛行を実現します。

用途運搬
重量65 kg(DB2000バッテリー2個搭載時)
最大飛行時間18分(重量負荷30 kg、デュアルバッテリー モード)
価格問い合わせ必要
参考価格:2,371,000 (税抜)
価格参考サイト:SB C&S株式会社(ドローンバンク)
https://dronebank.jp/product/000668.html
製品サイトhttps://www.dji.com/jp/flycart-30

DJIは産業機意外でも高性能で初心者でも使いやすいドローンを発売しています!

DJIのおすすめドローンも紹介するよ

Parrot

Parrotは、フランスの無線製品メーカーで、主にスマートフォンとタブレット向けの消費者製品、自動車およびドローンを一貫生産し販売しています。

2017年以降、Parrotはドローン製造に専念しており、その製品ラインアップには、ANAFI AiとANAFI USAがあります。

Parrotは、ヨーロッパで最も有名な商用ドローングループであり、強力な国際的な存在感を持つ企業です。

主な活躍の分野

  • 農業
  • 点検・測量
  • 調査
  • 災害対策
本社所在国フランス
設立年1994年
公式サイトhttps://www.parrot.com/en

ANAFI Ai

引用 NTTイードローン

ANAFI Aiは、携帯電話の通信網である、LTE接続を活用した先進的なドローンです。

折りたたみ式で、防水防塵性能(IP53)により、雨天時でも使用可能な性能を誇ります。

これらの特徴により、広域のインフラ点検や公共安全分野での活用が期待されています。

開発者向けのSDK(ソフトウエア開発キット)も提供され、新たな課題解決に向けた開発が可能です。

日本国内では、NTTイードローンでの取り扱いがあります。

用途点検、監視、測量
重量898 g
最大飛行時間32分
価格オープン価格
製品サイトhttps://www.nttedt.co.jp/post/anafi_20230131

Skydio

Skydioは、AIを活用した自律飛行技術を開発する米国最大のドローンメーカーです。

MITでの研究から始まり、GoogleのProject Wingを経て、2014年に設立されました。

Skydioの製品は、エンタープライズ、政府機関向けに提供され、GPSや磁場に左右されない自律飛行が特徴です。

日本の通信事業者のNTTやKDDIも同社との提携を行うなど、日本市場にも着実に進出しています。

主な活躍の分野

  • 点検・測量
  • 調査
  • 災害対策
本社所在国アメリカ合衆国カリフォルニア州
設立年2014年
公式サイトhttps://www.skydio.com/

Skydio X10

引用 Skydio

Skydio X10は、AIを活用した最先端のドローンです。

暗所や夜間でも自律飛行が可能で、具体的な利用シーンとしては、トンネルなどの暗所での監視・巡視などです。

また夜間や暗所の鉄塔や橋梁の点検、災害情報のいち早い確認などの対応できます。

Skydio X10は、屋内外や暗所など活用範囲が広く、あらゆるミッションに対応可能です。

用途点検、調査、監視、測量
重量2.11 kg(バッテリー含む)
最大飛行時間40分
価格問い合わせ必要
製品サイトhttps://www.skydio.com/x10

Yuneec(Yuneec International)

Yuneecは、1999年に中国で設立されたドローン製造企業です。

当初、電動リモコン飛行機の製造に注力していましたが、2012年以降はドローンの開発と製造に注力しています。

現在は、捜索救助や測量などの、商用向けドローンの開発に力を入れています。

日本では、まだあまり知られていない企業ですが、2021年公開の集計結果で、米国ではシェアTOP3に入るほどの実績があります。

しかし、オンラインサイトでの販売は継続されていますが、2021年以降新製品の発表はありません。

主な活躍の分野

  • 点検・測量
  • 調査
  • 災害対策
本社所在国中国香港
設立年1999年
公式サイトhttps://yuneec.com/(EUサイト)

H520E

引用 Yuneec

H520Eは、電力線、通信塔、橋梁などのインフラ点検に広く利用されています。

H520Eのカメラは、電源を落とさず交換可能なホットスワップ機能により作業効率が高いという特徴があります。

高解像度カメラとサーマルカメラの組み合わせにより、目視検査では発見しにくい微細な亀裂や異常を検出が可能です。

用途農業(リモートセンシング)、点検、調査
重量1.645kg(バッテリー含む)
最大飛行時間28分
価格$3,699.99~
製品サイトhttps://shop.yuneec.online/h520e-with-e90x.html(米国サイト)

日本で利用するなら、販売網やサポートがしっかりしたドローンメーカが良いですね!

日本のドローンメーカーに期待したい

日本のドローンメーカーの戦略は、様々であり、個々に注目を集めています。

例えばACSLは、国際的な競争力を持つ製品を提供し、世界中の顧客に対して、その価値を提案。

NTTイードローンは、国内市場に焦点を当て、日本の消費者からの信頼と支持を確実に得るために、特化した機体やサポート提供。

国内ドローンメーカーだけで見ても、企業の戦略やドローンに対する考えが異なっていて面白いです。

これらの企業は、日本の特定のニーズと、要求に対応するために、製品とサービスをカスタマイズしています。

このように、日本のドローンメーカーは、それぞれが異なる戦略を採用し、産業全体の成長と進化に貢献しています。

機体認証のドローンの期待

日本のドローンメーカーは、国内の機体認証制度に対応するため、積極的な取り組みを展開しています。

これにより、日本製のドローンは、日本の厳格な安全性と信頼性の基準を満たすだけでなく、ドローンの国家資格取得の利点も最大限に引き出せるのです。

この取り組みが進展するにつれて、日本のドローン市場は活性化し、成長の機会が増えるでしょう。

機体認証を取得したドローンが増加すれば、国家資格取得者は申請の一部が免除され、ドローンの運用における柔軟性が向上します。

これらの動きで、日本のドローン産業が、安全性と信頼性を重視しつつ、市場の拡大と進化へ向けた戦略的な取り組みが伺えます。

高い安全性に

日本のドローンメーカーは、製品の安全性を最優先に考えています。

日本の法律やドローンを求める顧客は、機体の先進性よりも、安全性を重視するからです。

また日本の企業では、物体を検知するセンサーやレーダー、高感度・高速撮影が可能なイメ-ジセンサーなど、世界で通用する技術を持っています。

これら技術の活用により、ドローンは安全に飛行でき、事故のリスクが最小限に抑えられた安全性の高いドローン開発が期待されます。

信頼性が高い

日本の製造・製品管理技術は、その信頼性で世界でも知られています。

それはドロ-ンに於いても同様で、厳しい環境下でも確実に動作し、長期間の仕様にも耐えられるよう開発されています。

そのため、メーカーは、製品の耐久性と長寿命の確保に、高品質の材料と精密な製造プロセスを使用しています。

これにより、ユーザーは長期間にわたって、製品を信頼して使用できます。

機体認証の機体は、是非増やして欲しいですね!

ドローン選びに迷ったらDJI機

ドローンを選ぶ際、最初の一歩は重要です。

数あるメーカーの中からどれを選ぶべきか、迷っている人におすすめしたいのが、DJIです。

なぜなら、DJIは世界的に信頼されるブランドであり、豊富な機能と安定した性能を提供し、ホビーからプロの現場まで活用されています。

DJI機の主な特徴

高い信頼性

故障が少なく、耐久性に優れています。

特徴
1

優れたカメラ性能

高解像度の映像や写真が撮影可能。

特徴
2

豊富な機能

自動操縦、障害物検知、フォーカストラック(自動追尾)機能など、最新技術を搭載。

特徴
3

使いやすい操作性

初心者でも簡単に操作できる直感的なインターフェース。

特徴
4

広範なラインナップ

低価格モデルから高性能プロモデルまで、ニーズに応じた選択が可能。

特徴
5

初めてのドローンを買うならDJI

DJIは世界的に有名なドローンメーカーで、初心者からプロフェッショナルまで幅広いユーザーに支持されています。

品質、性能、サポートの面で優れており、初めてのドローン購入にも安心して選べるブランドです。

初心者におすすめの理由

  • 簡単なセットアップ:初めてでも、すぐに飛ばせる簡単な初期設定。
  • 自動安定機能:飛行中に安定しており、操作ミスを減らせる。
  • 充実したチュートリアル:アプリ内で、詳細な操作説明や、チュートリアルが提供されている。

安価なのに超高性能ドローン

DJIが安価なのに超高性能なドローンを提供できる理由は、その技術力と製造力にあります。

DJIは、ドローンの設計から製造までを一貫して行っているため、コストを抑えつつ、高品質な製品を提供できます。

また、DJIのドローンは以下のような高性能な特徴を持っています。

高解像度カメラ

DJIのドローンは、高解像度の映像を撮影できるカメラを搭載しています。これにより、プロフェッショナルな映像制作も可能。

特徴
1

長時間飛行

DJIのドローンは、一回の充電で長時間の飛行が可能です。これにより、長時間の撮影や広範囲の調査も可能になります。

特徴
2

安定した飛行性能

DJIのドローンは、風や気温の変化にも強く、安定した飛行性能を発揮します。

特徴
3

これらの特徴は、DJIが安価なのに超高性能なドローンを提供できる理由を具体的に示しています。

DJIのドローンは、そのコストパフォーマンスの高さから、幅広いユーザーに支持されています。

用途に合わせたドローンが豊富。初心者からプロまで対応

DJIは、様々な用途に応じたドローンを提供しています。

初心者向けのエントリーモデルから、プロフェッショナル向けの高性能モデルまで、幅広いラインナップがあります。

ラインナップの一例

  • DJI Miniシリーズ:入門者向けの小型軽量モデル。
  • DJI Airシリーズ:中級者向けの高性能モデル。
  • DJI Mavicシリーズ:プロフェッショナル向けの高機能モデル。
  • DJI Inspireシリーズ:プロの映像制作に最適なモデル。

サポート体制も充実

DJIはサポート体制も充実しており、安心して利用できます。

製品の使用中に問題が発生した場合でも、迅速に対応してくれるため、初めての方でも安心です。

充実のサポート内容

  • 24時間体制のカスタマーサポート:電話やチャットで迅速に対応。
  • 豊富なオンラインリソース:公式サイトやアプリでFAQやチュートリアルを提供。
  • 修理サービス:万が一の故障時にも迅速な修理対応。
  • コミュニティサポート:フォーラムやSNSで他のユーザーとの情報交換が可能。

また、有償の保証サポートも充実しています。

DJI Care Refresh
有効期間内にリフレッシュ交換サービスを受けることができます。
リフレッシュ交換サービスでは、衝突や水没などの原因によりDJI製品の破損が発生した際に、少額の追加料金で、新品、もしくは新品同等の製品への交換が行われます。

海外のドローンメーカでも、

聞いたことのある企業だと、安心ですね。

ドロナビおすすめのドローン

ラインナップが豊富なDJIのドロ-ンの中から、人気の機種の特徴と、おすすめポイントを紹介します。

必要な機材や、予備のバッテリーがセットでお得な「Fly Moreコンボ」が、おすすめです。

きっと、あなたの目的や予算に合ったドローンが見つかるはずです。

DJI Air 3

画像提供元:DJI

Air 3は、プロフェッショナルからアマチュアまで、幅広い層に支持されているドローンです。

コンパクトながらも高性能で、多彩なシーンで活躍します。

特徴

  • 4Kカメラを搭載し、高解像度の映像を撮影可能
  • 広角と中望遠の2眼のカメラを搭載
  • 風速12m/sまで耐えられる強靭な機体
  • 最大46分の飛行時間を実現
  • 全方向障害物検知を搭載で安全な飛行をサポート

おすすめポイント

  • 初心者からプロフェッショナルまで幅広く対応
  • 手軽に持ち運べるコンパクト設計
  • 広角とズームで、満足の高い撮影を満喫できる

価格

DJI Air 3 Fly Moreコンボ(DJI RC-N2付属)
165,000円

DJI Mavic 3 Pro

画像提供元:DJI

Mavic 3 Proは、特にプロフェッショナルな映像制作を目指す人におすすめのモデルです。

高性能なカメラと長時間の飛行性能で、クリエイティブな作業をサポートします。

特徴

  • 広角・中望遠・望遠の3つのカメラで、表現力豊かな撮影が可能
  • ハッセルブラッド製のカメラを搭載し、20MPの静止画と5.1K動画の撮影が可能
  • 最大43分の飛行時間
  • ウエイポイント飛行やクルーズ制御など自動飛行機能を搭載
  • 高度な追跡機能で動く被写体も確実に捉える

おすすめポイント

  • プロフェッショナルな映像制作を目指す方に最適
  • 長時間の飛行が可能で、広範囲の撮影ができる
  • 安全性が高く、初心者でも安心して操作できる

価格

DJI Mavic 3 Pro Fly More コンボ(DJI RC付属)
352,000円

DJI Mini 3 Pro

画像提供元:DJI

Mini 3 Proは、軽量でコンパクトな設計ながら、優れた性能を持つドローンです。

Mini 4 Proが登場後も、コンパクトドローンでは人気です。

旅行や日常の撮影に最適で、初めてドローンを使う方にもおすすめです。

特徴

  • 48MPの静止画と4K動画を撮影可能
  • 最大34分の飛行時間
  • 折りたたみ式で、重さも249g未満と、持ち運びが容易
  • SNSの映像にも最適な、縦向き撮影が可能
  • 風速10.7m/sまで耐えられる設計

おすすめポイント

  • 初めてドローンを使う方に最適
  • 軽量で持ち運びが簡単、旅行にも便利
  • 高画質な映像を手軽に撮影可能

価格

DJI Mini 3 Pro(DJI RC付属)
119,900円

DJIのドローンなら、オンライン販売はもちろん、家電量販店でも扱っているぞ。

実際に手に取って比較してみよう!

DJI Mini 3 ProとDJI Mini 4 Proの違いを徹底的に紹介して記事もあります。

Miniシリーズが気になる人はぜひ読んでみてください。

▶︎【何が違う?】DJI Mini4 ProとMini3Proの違いについて徹底解説

当サイトでも、販売代理店と提携して、ドローンの販売を実施しています。
お問い合わせフォームから、ご連絡ください。

まとめ

この記事では、ドローンのメーカーと製品について紹介しました。

  • 日本のドローンメーカー
  • 海外のドローンメーカー
  • 日本のドローンメーカーに期待
  • ドローン選びに迷ったらDJI機
  • おすすめのドローン

世界には、数多くのドローン製造・販売メーカーが存在します。

それぞれが独自の技術と視点で、市場に製品を提供しています。

しかし、ユーザーの多様なニーズに対応した製品ラインナップを持つメーカーという観点から見ると、DJIがその頂点に立っていると言えます。

これは、市場動向をいち早く反映し、DJIが一貫して高品質な製品を提供し続けている結果です。

この記事を通じて、あなたが自信をもって、最良のドローンを選べるよう、心から願っています。