Blog

情報発信ブログBy 株式会社Tech Drone

【未来の職業】ドローン操縦士の求人が急増!?新しい時代のパイロットへ

ビジネス

ドローン業界で新たな挑戦を考えていませんか?

ドローンの市場拡大は政府の後押しもあり、急速に進んでいます。

ドローン操縦士の、

  • 求人はどんな求人があるのだろう?
  • 求人はたくさんあるのだろうか?
  • どんなスキルがあればいいんだろう?

こんな疑問も感じていませんか?

この記事はそんな疑問を解決します!

ドローンに関係する仕事に就くことにより、ドローンの市場拡大の恩恵を掴む可能性は十分にあります。

この記事ではドローン操縦者としての「仕事内容」と「求められるスキル」について紹介します。

この記事を読めば、ドローンに必要なスキル・現在の求人を理解できますので、ぜひ最後まで読んでください。

ドローン操縦士とは?

ドローン操縦士とは、無人航空機であるドローンを操作し、さまざまな用途でその技術を活用する専門職です。

近年、ドローンの用途は広がり続けており、テレビ、映画やCMの撮影、農薬散布、災害時の調査、物流、そしてセキュリティなど、数え上げればきりがありません。

ドローン操縦士になるためには、ドローンの飛行原理を理解し、安全な操作技術を身につける必要があります。

一方、「ドローンオペレーター」という言葉もあります。

ドローン操縦士に対して、ドローンオペレーターは下記のような仕事をします。

  • ドローンを用いたプロジェクトや任務の計画
  • 実行、監視
  • 安全規則の遵守
  • 飛行許可の取得
  • データ収集と分析
  • メンテナンス計画の策定

つまり、ドローン運用に関わるあらゆる側面を管理します。

ドローン操縦士の求人はドローンオペレーターの要素が多いです。

ドローンで問題解決をしたいニーズの高まってきている1つの証拠と言えるでしょう。

別の言い方をすれば、ドローンに関する求人は、ドローンを飛ばせる人材ではなく、ドローンを使って問題解決できる人材が求められています。

ドローン操縦士の求人情報と一緒に、必要なスキルや資格も紹介します。

ドローン操縦士の仕事内容

ドローン操縦士とドローンオペレーターの違いを理解した上で、次に注目すべきは、ドローン操縦士がどのような仕事を行っているのか?とその具体的な内容と魅力です。

ドローン操縦士は、ただドローンを飛ばすだけではありません。

彼らは技術的なスキルと専門知識を駆使して、さまざまな業界で価値を提供しています。

この記事では、ドローン操縦士がどのような仕事をしているのか、そしてそれぞれの仕事内容が持つ魅力について紹介します。

映像制作と撮影

映画、テレビ番組、CM、不動産のプロモーションビデオなど、高品質な空撮映像を提供します。

ドローン操縦士は、撮影の計画から実行まで、ドローンを使って、今までにない映像作品の視点をもたらします。

この場合は、編集も含めた動画の納品を求められるケースが多いです。

ドローンを使った映像作成や撮影も、映像作品に対する深い理解と創造性が求められます。

撮影する映像のアイデアを考え、それを実現するための技術的な計画を立て、さらには映像の品質を最大限に引き出すための編集技術も必要とされます。

これには、撮影対象の理解、光の条件、風といった自然環境の変化への対応、そして安全な飛行を保証するための規制と法律への精通が含まれます。

空撮をするドローン操縦士が求められるスキル

  • ドローンを使った撮影技術
  • 動画編集スキル
  • 撮影の基礎知識

農業分野での活用

農業分野では、ドローンは作物の健康状態のモニタリング、農薬や肥料の散布に使われます。

ドローン操縦士は、農業生産性の向上と環境への影響の軽減に貢献が主な任務です。

ドローンを使って農薬散布をする農家さんも増えてきています。

ドローンを使った農薬散布もは、非常に多くの注意や配慮が必要な仕事です。

例えば、田んぼや畑の近くにも電柱や電線があるので、ドローンの接触は許されません。

また依頼のある畑の横で無農薬の野菜などを作っている場合は、農薬が風に流されて、無農薬栽培している畑に農薬がかからないように細心のの注意が求められます。

栽培するもので異なりはますが、栽培を始めるタイミングが同じの場合が多いです。

農家さんが農薬散布して欲しいタイミングが近いので、過密スケジュールの中で農薬散布を行う必要があります。

田んぼでの農薬散布の場合は、初夏の早朝から行われます。

特に夏場の猛暑の中でドローンを操縦して、農薬を散布する場合は、熱中症の観点から非常に危険とも言われています。

過密スケジュールの中、安全を守りながら、農薬を散布したい周辺に最大限の配慮した操作が技術が必要です。

農業分野のドローン操縦士に求められるスキル

  • 農作物への最低限の知識
  • 農薬の散布を予測した確実なドローンの操作技術
  • 徹底したスケジュール管理

インフラ検査と保守

難しい地形や高所にあるインフラの点検を行う際、ドローンは人間に代わって安全かつ効率的に検査を実施します。

ドローン操縦士は、建物、橋梁、送電線、風力タービンなどの状態を定期的にチェックし、保守作業の支援が主な業務です。

インフラの点検以外にも、太陽光パネルの点検も求人も存在します。

点検と保守は、ドローンのカメラでインフラの撮影もしますが、通常の撮影に加えて赤外線カメラを搭載したドローンを使用して撮影します。

赤外線カメラを利用する理由として、点検すべき箇所の見分けが出来るようになるからです。

点検業務はドローンの操作はもちろんですが、建物調査の経験が求められます

ドローンの点検分野は、今まで足場を組んで、人の目で確認していた作業がドローンを使って、効率化が可能なので非常に点検分野では注目を集めています。

実際に高速道路を所有している会社などが、橋脚や橋をドローンを使って点検するケースも増えています。

点検保守分野で求められるスキル

  • インフラや建物の構造に関する基礎知識
  • 点検が不要な箇所と必要な箇所を見分ける力
  • 建物調査に関する経験

災害調査と救助活動

自然災害や人災が発生した際、ドローン操縦士は被災地の状況を迅速に把握し、救助隊の安全な活動を支援します。

リアルタイムの情報収集により、効果的な救援活動が可能です。

令和6年能登半島地震でもドローンが災害調査や救助活動に貢献しています。

もちろん被災地が緊急用務地に該当をしてドローンが飛ばせない時もありました。

国土交通省も、現地の声を聞いてドローンの飛行できる範囲が広がっています。

▶︎【参考】国土交通省 緊急用務地に関する情報

能登の震災では、さまざまな会社がドローンを使った震災調査や救援活動を行っています。

2011年に起きた東北の震災の時と比べると、ドローンが社会に浸透してきたことがわかりますね。

災害・救助分野の操縦士に求められるスキル

  • 防災や減災対策の知識
  • 関係機関との連携スキル
  • 被害状況の把握

物流と配送

ドローンによる配送サービスは、遠隔地や交通の便が悪い地域への配達に革命をもたらします。

ドローン操縦士は、配送プロセスの効率化とコスト削減が主な任務です。

遠隔地や交通の便が悪い離島への小包配達では、ドローンは重要な役割を果たします。

これらの地域では、従来の配送手段に比べてドローンが配送時間を大幅に短縮し、コスト削減にも貢献するため、日常生活に必要な物資や緊急の医薬品を迅速に届けることが可能になります。

実際に航空機を運行をさせているANAもドローン配達の実証実験中。

▶︎レベル4によるドローン配送サービスの実証実験を実施 

ANA以外にも日本郵便、JALなどあなたが知っているような会社からドローン配達に特化した会社がドローン配送の実証実験を行っています。

物流、配達分野で求められるスキル

  • 一等無人航空機操縦者資格
  • 徹底した安全対策を構築できる知識・経験
  • 配達するもの知識

ドローン操縦士の求人情報の見つけ方

ドローン操縦士の主な仕事を紹介しました。ここでは求人を見つける方法を紹介します。

ドローンの求人の見つけ方は大きく分けると2種類です。

  • Google検索して求人サイトを利用
  • SNSなどで気になる企業を見つけて直接、応募

数年前に比べると明らかに求人数が増加しています。

求人の中には、未経験者の募集もあったりしますが、希望する会社に採用してもらうには、最低でも国家資格の二等ライセンスを持っていた方が有利に進めると思います。

このサイトでは、ドローン国家資格の情報を発信しています。

スクール探しに困っている人はぜひ、当サイトを確認してみてください。

▶︎ ドローン国家資格ナビ

国家資格に加えて、あなたの今までの「経験・スキル」が重要となってきます。

どの求人を見ても、求められているのはドローンで既存の問題を解決すること。

重要な考えかた

ドローン×◯◯◯(スキル・経験)が重要です。

ネット検索して求人を探す

ドローン操縦士は、Googleなどで「ドローン操縦士 求人」と調べるとたくさんの求人サイトができます。

  • indeed
  • マイナビ転職
  • DODA
  • リクナビ
  • ハローワーク

大手の転職サイトからドローンの求人を見つけることが可能です。

さらに「ドローン操縦士 求人 希望エリア」で検索すると、あなたが働きたいエリアの求人の有無を確認できます。

測量、アプリ開発、インストラクター、農薬散布。

希望エリアを気にしなければ、さまざまな求人を見つけられます。

SNSやソーシャルメディアからの企業情報を得る

最前線でドローンを使った取り組みを発信している会社もあります。

そのようなSNSを見つけて、募集があれば直接、申込むのも1つです。

頻繁に募集をしてはいないですが、そのような会社もドローン操縦士を募集します。

その時に向けて、ドローン操縦士として準備をしていきましょう。

https://twitter.com/DroneShowJP?s=20
https://twitter.com/KentoKondo?s=20

まとめ

ドローン操縦士の求人は増加傾向です。

しかしドローンを飛ばすだけの求人はほぼないに等しいでしょう。

ドローンと何かのスキルを組みわせることが今後、重要になります。

そのためにいろんな準備ができます。

  • ドローン国家資格の一等ライセンスの取得を目指す。
  • ドローンの操縦技術と、今あなたが持っているスキルを磨き上げる。

特にドローン国家資格の一等ライセンスは取得が難しいと言われています。

もちろん独学で取得を目指せますが、スクールに入学して、指導してもらった方が良いです。

独学の場合だと、安全確認の方法や、安全飛行への考え方が違ってしまう場合があります。

教則や動画などで学べますが、実際の現場とはどうしても違うので、ぜひスクールの入学も検討してみてください。

このサイトは、全国のドローンスクールの情報を順次発信していきます。

中にはこのサイトを経由して入学すると、受講料がお得になる場合があります。

ぜひブックマークして、新着情報を待っていてください。