Blog

情報発信ブログBy 株式会社Tech Drone

【必読】ドローンの市場動向と活用分野!具体的な数字で成長を解説

ビジネス

ドローンに係るニュースが以前に比べて多く見るようになってきました。

ドローンの性能が上がったり、法整備が整ってきたりして、ドローンが活躍できる機会が増えてきたと言えるでしょう。

そんな中、ドローンのニュースを読んで、こんな疑問や興味を持っていいませんか?

  • ドローンの成長規模は?
  • ドロ-ンの市場は本当に伸びているの?
  • どの分野が伸びているのか知りたい

この記事では、日本のドローン産業の市場規模、そして成長している分野やドローンのビジネスモデルについて解説します。

ドローンの現状を理解する事でビジネスチャンスを掴むことも夢ではないでしょう。

市場規模と成長予測

2022年度の日本国内のドローンビジネスの市場規模は3086億円と推測されています。

さらに、2023年度には前年度比24.0%増の3828億円に拡大し、2028年度には9340億円に達すると見込まれています。

2022年度~2028年度の年間平均成長率に換算すると、年20.3%増加となります。
参考:ドローンビジネス調査報告書2023|インプレス総合研究所

比較として日本のクラウド市場の成長率は、2022年から2027年の間で年間平均成長率17.9%と予測されています。

クラウド市場も高い成長率を示していますが、ドローンビジネス市場の成長率は更に上回っています。

年20.3%増加という高い成長率は、他の産業では見ることが出来ません。

ドローンビジネスが急速に拡大しているんですね

ドローンビジネスの成長分野

2023年時点で、ドローンは次の分野でビジネスに導入され、その存在感を示しています。

  • 調査
  • 点検
  • 測量
  • 農薬散布
  • エンターテインメント(ドローンショーなど)

ドローンの物流分野では、実験が全国で行われ、社会での利用に向けた課題が見つかっています。

まだ、ビジネスとして成り立つか、運用の方法などの問題がありますが、2025年以降には本格的に市場が広がると考えられています。

インフラと設備の点検

ドローンはインフラと設備の点検に広く活用されています。

特に、高所や狭小空間など危険で人が立ち入れない場所で、ドローンは安全かつ効率的な解決策として活躍しています。

主な例では、マンションの外壁や橋梁、配管点検などです。

国土交通省のデータによると、2m以上の橋梁は全国に約70万箇所も存在しています。

2023年時点で建設後50年を経過する橋は約43%、10年後には67%にまで増えると予想されています。

この分野では大手通信事業者やインターネットサービス企業のグループ企業なども参入していて「KDDIスマートドローン株式会社」「楽天ドローン株式会社」などがその一例です。

農薬散布

農業分野では、ドローンは農薬散布の効率化に貢献しています。

従来の手作業や大型機械に比べて、ドローンはより正確に短時間で農薬を散布することが可能です。

令和3年度には、薬品メーカーにより農林水産省へドローンに適した農薬が新たに135剤。

普及計画策定から令和4年度までには、累計404剤登録されました。

ドローンに適した農薬登録の拡大が進み、散布実績も増加しています。

農薬散布以外は、以下の分野で活用や実証実験が行わるなどドローンの活用期待が高まっています。

  • 肥料散布
  • 果物などの授粉作業

エンタメ分野

エンタメ分野では、ドローンショーが注目を浴びています。

数百台のドローンが一斉に飛行し、きらびやかな光で夜空に様々なパターンを描く様子は、観客に大きな感動を与えてくれます。

企業のプロモーションに利用されることもあります。

各地で多くのドローンショーが開催されて、実際に見に行った人もいるのではないでしょうか?

飛行するドローン機体数では「レッツゴー万博2025カウントダウン3夢洲超花火」は、日本のドローンショーでギネス記録を達成し、800機のドローンが飛行しました。

海外の例では2022年6月に中国の深センで中国のドローンメーカーにより開催さたドローンショーで、5,184機による26分ものイベントが行われました。

ドローンは安全な点検、効率的な散布、感動的なショーが可能になり、その利用は拡大中していますね

ドローンのビジネスモデル

ここでは、報道されたニュースから、ドローンの動向について見ていきます。

2023年5月 ドローン農薬・肥料散布の対象を果樹や野菜に拡大

WAKWAK指宿株式会社(鹿児島県指宿市東方)は、ドローンによる農薬・肥料散布が稲作だけでなく果樹や野菜にも拡大しています。

今まで1日がかりで計画していた散布作業の時間を10haあたり10~15分に。

生産性を向上し、農業の強化と食料自給率向上に貢献してくれるでしょう。

▶出典 ドローンジャーナル

2023年7月~11月 東京ディズニーリゾート40周年スペシャルドローンショー開催

東京ディズニーリゾートの40周年を記念して、全国の花火大会でスペシャルドローンショーが開催されました。

開催地はテーマパーク内ではなく静岡、小樽、石巻、鹿児島、長野の5都市で行われたのです。

約700機のドローンが夜空に飛び立ち、ディズニーソングに合わせてキャラクターを描き出し、観客に夢と笑顔を届けました。

ディズニーがこのようなイベントを行うという事は、更にエンタメ分野でのドローン活用が進むのではないでしょうか。

https://youtu.be/ftF50dLHLZQ?si=htDWeaMYXGGBbcKR
出典 東京ディズニーリゾート公式/TokyoDisneyResortOfficial

2023年12月 日本航空とKDDIスマートドローンが資本業務提携

ドローン業界では提携や共同での実証実験などが盛んに実施されています。

ドローンの飛行は、「目視外飛行」や、「1人の操縦者が複数のドローンを操作」するなど、より高度で効率を高める使い方が求められています。

これを実現するためには、適切な安全管理と操作方法が必要です。

日本航空とKDDIスマートドローンは、この分野でのドローンの利用を広げるために、共同で新しい仕組みを開発し、業務提携を行いました。

一人のオペレーターが複数のドローンを管理できるようになると、物流の分野では配送効率が大幅に改善されると期待されます。

▶出典 DORNE

生産性を向上させる取り組みや人の心を豊かにできるドローンには夢しかないですね

産業用に使われているドローンやドローンの仕事をするための情報をまとめいます。ぜひ参考にしてみて下さい。

▶︎ 分野別!産業用ドローンの特徴・活用内容10選!

▶︎【未来の職業】ドローン操縦士の求人が急増!?新しい時代のパイロットへ

まとめ

ドローンは調査・点検、測量、農薬散布、エンターテイメントといった分野で活躍しています。

今後もドローン市場は引き続き成長すると予想されています。

継続してニュースなどからの新たなビジネスの事例を発掘し、ドローンが活躍する様子を見守っていきましょう。

ドローンがどのように社会に活用されていくかを理解することで、その可能性にいち早く気付くことが出来るのです。

みなさんも、アンテナを高く持つことで、ビジネスの大きな機会を手に入れる可能性があります。