Blog

情報発信ブログBy 株式会社Tech Drone

ドローンを飛ばせる場所をアプリで簡単チェック!おすすめアプリ11選

最新情報・その他

ドローンを飛ばして空撮したい人にとって、飛行場所の選定はとても重要です。

無許可での飛行は、法律違反となる場合があり、安心して飛行を楽しむには、適切な場所の選択を行う必要があります。

あなたもドローンを楽しみたいけど、「法律違反まではしたくない」と思っているでしょう。

  • ドローンの飛行禁止区域の確認方法は?
  • ドローンを自分の私有地で飛すのはOK?
  • ドローンは100g未満ならどこで飛ばせるの?

上記のような悩んで、簡単に解決する方法を探していませんか?

ドローンの飛行場所を選定する方法や、飛行可能な場所を確認できる便利なアプリがあります。

この記事では、ドローンを飛ばせる場所を探すポイントや、便利なアプリを紹介します。

これらの情報を活用すれば、あなたも安心してドローンのフライトが実現可能でしょう。

飛ばせる場所の選択には、知識も必要です。

この記事で、便利なアプリと、注意すべき点を確認しましょう!

目次のOPENをタップすると目次が見れます。

ドローンを飛ばせる場所を探すポイント

ドローンは、どこでも自由に飛ばせるわけではありません。

ドローンを飛ばすには、各種規制や安全に配慮する必要があります。

飛ばして良い場所の判断がつかないと、アプリで調べてもわかりません。

まずは、ドローンを法律の面から飛ばして良い方法や飛ばして良い場所について紹介します。

ドローン飛ばして良い方法や場所についてバッチリ理解している人は、ここをクリッして下さい。

あまり自信がない人は、一緒に学びましょう!

航空法などに法律違反にならない場所

違反にならない場所・飛行の方法で、ドロ-ンを飛ばしましょう。

ドローンの飛行には、航空法をはじめとする、様々な規制があります。

その主な規制は、以下の3つです。

  • 特定飛行に該当する飛行
  • 小型無人機等飛行禁止法
  • 自治体の条例

このような制限のある場所で、ルールを知らずにドローを飛ばすと、処罰の対象です。

例えば、次のように違反を行うと罰せられます。

50万円以下の罰金

特定飛行の規制対象となる空域、飛行方法に違反して飛行させた。

特定空域における飛行

  • 空港周辺:空港の安全確保のため、空港周辺の空域は飛行禁止区域です。
  • 150m以上の高さ:地上または水面から150m以上の高さの空域は、航空機の安全確保のため、飛行が原則禁止されています。
  • 人口集中地区(DID地区):DID地区とは、人口が密集している市街地等の区域を指します。
  • 緊急用務空域:災害発生時等に有人機が緊急飛行を行う空域です。

特定方法による飛行

  • 夜間飛行:日没後から日の出までの間に行う飛行です。
  • 目視外飛行:操縦者が直接ドローンを見ることができない状態での飛行です。
  • 人または物件から30m未満での飛行:人や物件から30m未満の距離での飛行です。
  • 物件投下:ドローンから物件を投下する行為です。
  • イベント上空:決まった日時に、不特定多数の人が集まる場所での飛行
  • 危険物の輸送:ドローンでの危険物の輸送

上記に該当するような場所や飛行方法は航空法で禁止されています。

特定飛行についてより詳しく知りたい人は下記の記事を参考にしてみて下さい

▶︎ ドローン飛行レベルとカテゴリーは何が違う?航空法が関わる重要なポイント

土地の所有者・管理者がわかる場所

事前に「許可を得られる場所」の選定が大切です。

ドローンを飛ばす場所は、その土地の所有者や管理者が誰であるか、把握が必要です。

公園や河川敷など公共の場所でも、管理者の許可が必要な場合が多くあります。

公共の場でも、管理者に問い合わせて確認を取りましょう。

許可取りをどんな方法で始めたらいいの?という人は、以下の記事を参考にしてください。

▶︎ドローン撮影の許可申請で絶対に知っておきたい8つのポイント

人の立入がない場所

人が立ち入らない場所での飛行は、安全の確保に重要な要素です。

安全面を考慮し、人通りの少ない場所の選択をおすすめします。

例えば、見通しの良い海岸や河川敷などは、飛行に適しています。

管理者への連絡と合わせて、管轄の警察署への報告も行いましょう。

万が一通報された場合の対応として、混乱も少なく安心です。

また、三角コーンなどで立入り禁止区画を設けたり、ビブスの着用したりしましょう。

第三者に気づいて貰う措置も重要です。

飛ばす場所の選定も重要ですが、必ずルールを守って計画しましょう!

ドローンを飛ばす方法とポイント

ドローン飛ばすための最低限ポイントは3つあります。

  • 100g以上のドローンは機体登録をしてから飛ばす
  • 航空法で禁止されていない方法で飛ばす
  • 国土交通省に許可承認申請をおこなう

あなたの撮影したい方法によって変わってきますが、上記3つはドローンを飛ばして空撮したいのであれば守る必要ががあります。

それぞれの詳しいポイントに紹介します。

100g以上のドローンは機体登録をしてから飛ばす

2022年6月20日以降、100g以上のドローンは登録が必要となりました。

登録後に飛行させましょう。

ドローンを登録しないで飛ばせば、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金が課せられます。

航空法で禁止されていない方法で飛ばす

私有地や自宅のには、飛行に適していそうですが、屋外の飛行は法令に抵触する場合があります。

室内や専用のドローンフィールドなどでは、比較的自由に飛行が可能です。

ドロ-ンスクールでも、卒業性であれば、練習飛行が可能としている場合もあります。

国土交通省に許可承認申請をおこなう

制限区域での飛行をおこなう場合は、国土交通省に許可承認申請を行います。

許可承認を得れば飛行が可能です。

申請の方法は以下の2つです。

  • 包括申請
  • 個別申請

ドローンの許可承認申請方法について、確認したい人は、次の記事を参考になります。

▶ 驚きの時間節約!ドローンの包括申請vs個別申請、スマートな選び方

ここまでご紹介した内容を再確認するには、以下の動画がおススメです。

多くの地域では、飛ばせる場所が少ないかも。

ルールに則った申請をするなど、準備が必要です。

ドローンの飛ばせる場所を確認するアプリ

おおよそのドローンの飛行地域が決定したら、飛行場所の詳細を確認します。

空港の付近は、もちろん注意が必要ですが、正確な飛行禁止空域の把握が重要となります。

飛行場所の確認に役立つアプリを紹介します。

ドローンフライトナビ

引用元:ドローンフライトナビ

日本の航空法に基づいた、飛行可能エリアを確認できる便利なアプリです。

次の対象が確認できます。

  • 人口集中地区
  • 小型無人機等飛行禁止法による禁止区域
  • 空港、ヘリポート、自衛隊基地(進入表面等制限領域対応)、在日米軍基地

さらに日の出、日没時刻もチェックが行えます。

ドローンフライトナビについて

Google Earth

引用元:Google Earth

ドローンフライトナビと併用すると、飛ばしたい場所の周辺状況を詳細に確認できます。

Google Earthは、場所の確認だけでなく、飛行計画する場所の距離や面積も算出可能です。

距離などから飛行時間を予測し、必要なバッテリーの準備などにも役立ちます。

Google Earthについて

DJIフライトマップ

引用元:DJI Fly Safe

DJIフライトマップでは、飛行制限区域がわかります。

DJI製のドローンでは、フライトマップと連携していて、GEO区域として設定があると飛行制限が掛かる場合があります。

GEO区域は、DJIが提供するジオフェンス (GEO-fence) システムによって設定された飛行制限区域です。

例えばGEO区域では、ドローンのモーターが起動しなかったり、飛行が制限されたりするなど、飛行に支障が出るため飛行計画を立てる際には確認が必要です。

DJIフライトマップにつて

国土地理院地図

引用元:国土地理院

国土地理院の地図を利用すると、飛行予定地の地形や、地理的特徴を詳細に把握が可能です。

特に、特定飛行にある人口集中地区(DID)の確認に役立ちます。

地理院地図について

地図アプリは、ドローンに必須のアイテムです!

便利さと、精度を兼ね備えたアプリを選ぼう。

ドローンを飛ばす時に使える便利アイテム

最新のドローンには、コントローラーに便利なアプリが標準搭載している場合があります。

しかし、紹介するアプリをスマホに入れておくと、更に安心です。

目的地までの移動中や、ドローンを飛ばす直前のチェックにスマホアプリを使うと便利です。

コンパス

参照元;iPhoneアプリ

コンパスは、太陽の位置や方向を確認するのに便利です。

土地勘のない飛行場所でも、飛行前の方位確認に活用できます。

スマホでは、iOSなら標準でコンパスアプリが搭載されています。

Androidであれば、GooglePlayストアに豊富あるアプリから選択可能です。

Yahoo!天気

引用元;Yahoo!天気アプリ

お天気情報の定番アプリがYahoo!天気です。

雨雲レーダーを使えば、雨雲の動きを予想し、天候の急変に備えることができます。

機能は簡易的ですが、風速予測などもあり、ドローン飛行には欠かせません。

Yahoo!天気について

日出日の入り

引用元:日の出、日の入りアプリ

日出日の入りアプリを使えば、飛ばしたい場所の日の出・日の入り時間を確認可能です。

空撮で気になる太陽の位置など、最適な飛行時間を計画するのに役立ちます。

日の出、日の入り(iOSユーザー)

日の出、日の入り(Androidユーザー)

GNSS View

引用元:GNSS Viewアプリ

GNSS Viewは、GPSの精度を確認できるアプリです。

山間部などでは、GPSの受信状況が不安定となる場合があります。

飛行前に衛星の受信状況をチェックして、ドローンの安定飛行が得られるようにしましょう。

GNSS Viewについて

Flightradar24

引用元:Flightradar24

Flightradar24を使えば、周囲を飛行する航空機の位置をリアルタイムでチェックできます。

この機能を活用すれば、航空機の接近を事前に察知し、安全な高度や位置に回避可能です。

航空機との衝突を避ける重要な安全対策です。

Flightradar24について

SORAPASS

引用元:SORAPASS

保険+ドローン飛行支援地図をセットにしたサービスです。

人口集中地区や、飛行場が確認できます。

保険は、業務とホビー向けの賠償責任があり、保険料は両方で、年間5,000円です。

万が一の場合に備えた補償サービスは、ドローンパイロットには、必須となっています。

SORAPASS careについて

FLIGHT REPORT

引用元:FLIGHT REPORT

飛行日誌に必要な機体点検、飛行場所、飛行時間などを簡単に記録できます。

これらは、飛行日誌に必要な項目です。

飛行日誌の作成は、航空法で定められていため、飛行時は忘れずに作成しましょう。

▶ FLIGHT REPORTについて

飛行の補助ツールとして、

これらのアプリは欠かせません。

ドローン飛ばすには、技術の向上も必須

ドローンが飛ばせる場所が見つかっても、ただ飛ばすだけでは、テクニックの向上は期待できません。

では、技術を高めるには、どのように取り組めばよいか確認しましょう。

仲間と支え合いながらスキルアップ

ドローン仲間を作って情報交換の機会を持つのも、おススメです。

例えば、コミュニティに参加し、ドローンに興味を持つ仲間と交流すれば、技術向上も早いでしょう。

頼れる仲間と繋がるドローンコミュニティなら、ドロビジが人気です。

ドローンに興味を持ったばかりの初心者から、プロの現場で働く人まで、たくさんの人が参加し、有益で幅広い情報が得られます。

学習ツールを使って向上させる

忙しいあなたには、隙間時間を活かしてオンラインでオンラインで学習するのが最適です。

ドローン飛行の醍醐味といえば、やはり空撮です。空撮技術を磨けば、ドローン飛行の楽しみが一層深まります。

空撮マスター講座などの専門的な学習ツールを活用してみましょう。

空撮マスター講座について

情報を収集して、実践する

まずは、ドローンの基本的な操作方法や、安全対策についての情報を集めましょう。

情報収集の方法としては、ドローン国家資格ナビ(ドロナビ)などの情報サイトを活用するのが効果的です。

これらのサイトでは、最新の技術や業界の動向、専門家によるアドバイスなど、役立つ情報が豊富に提供されています。

ドローン国家資格ナビ(ドロナビ)を確認する

安全に飛ばすことが、何よりも重要です。

あなたも、知識と技術で武装しよう!

まとめ

この記事では、ドローンを飛ばせる場所を探すアプリを紹介しました。

ドローンを安全に楽しく飛ばすには、適切な場所選びと法律の理解が不可欠です。

紹介したアプリやツールを活用し、ドローン飛行の楽しさを最大限に味わうことができます。

そして、常に最新の情報を確認し、技術の向上と、責任ある飛行を心がけましょう。