Blog

情報発信ブログBy 株式会社Tech Drone

【検証】デイトラドローンコースは国家資格に有効?ドローン経験が取得できる!

国家資格基礎知識

ドローンの民間資格について調べていると、必ず出てくるデイトラドローンコース。

業界最安値、オンライン学習を活用してドローンで稼げるスキルが習得できるオンラインスクールです。

  • ドローンは国家資格があるから、民間資格は意味があるの?
  • オンラインでドローン?練習はどうするの?
  • 本当にデイトラでドローンを使って稼げるの?

そんな疑問をあなたも感じていませんか?

あなたがもしドローンに興味を持ち、国家資格の取得を考えているのであれば、ぜひ最後まで読んでください。

結論としては、デイトラドローンコースではドローン国家資格は取得できません

しかし、デイトラで民間資格を取得してから、国家資格のスクールに通うメリットは非常に大きいです。

この記事で紹介する情報により、国家資格を取得するための費用が20%~50%程度変わります

受講費用を20%から50%も安くできれば、いろんな選択肢が増えます。

すでにデイトラドローンコースは理解していて、国家資格の費用が抑えられる理由を知りたい人はこちらから

国家資格の費用を抑える以外のメリットもたくさんがあるので、デイトラドローンコースが気になっていた人にとってこの記事は間違いなく有益な記事になるでしょう。

デイトラドローンコースの特徴

デイトラドローンコースは、オンラインで受講でき、国土交通省管理団体認定の資格が取得できる実践的なオンラインスクールです。

この民間資格でも、ドローンを飛行する際に必要な申請をする際に役に立ちます。

価値ある資格が取れるデイトラドローンコースの特徴は主に3つ

  • 取得できる資格はUAS Level2
  • 完全オンラインのカリキュラム
  • 業界最安値

取得できる資格はUASlevel2と10時間飛行履歴証明書

UAS Level2は、国土交通省の管理団体が認定する民間のドローン操縦技能認証資格です。

「UAS Level2」と「10時間飛行履歴証明書」を取得すると、国土交通省への飛行申請をする際に、一部を簡略できます。

ドローンでビジネスをしたいと考えている人にとっては、「ドローンを使って仕事をする」を実現できる資格と言えるでしょう。

ただし、デイトラドローンコースでは、ドローンの国家資格は取得できませんので注意が必要です。

ドローン初学者の人が、デイトラで民間資格を取得して、経験者としてドローン国家資格のスクールに通うと、費用をおさせてドローン国家資格の取得が目指せます。

完全オンラインのカリキュラム

引用元:ドローンデイトラコース

デイトラのドローンコースは、完全にオンラインの講座です。

オンライン講座ですので、自分の好きな時間で学習を進められます。

民間資格取得までの講座は14個に分かれていますので、1日1コマ進めると、2週間でドローンの最低限の知識を身に付けれます。

本業で忙しくて、ドローンのスクールに通っていられない人にとっては最適なドローンスクールです。

「オンラインだとモチベーションが下がらない?」と気になる人もいるでしょう。

デイトラドローンコースでは、カリキュラムを進めると、自分が獲得したスキルが金額で表示されます。

引用元:デイトラドローンコース

カリキュラムを進めていくと、この金額が大きくなっていくので、自信にもつながり、モチベーションも下がらずに走り続けれます。

業界最安値

デイトラドローンコースは、業務で使える民間資格が取得できるオンライン講座の中では、業界最安値です。

料金は、99,800円

さらに買い切りです。カリキュラムを受講するにあたっては追加の料金は不要です。

追加料金が不要にもかかわらず、カリキュラムの内容は追加されます。

デイトラドローンを受講すれば、最新のドローンの情報も入手できるでしょう。

最近では、国家資格を受験するためのカリキュラムも追加されました。

デイトラでは、国家資格は取得できませんが、国家資格を取得するための、準備には十分に役立ちます。

オンラインで民間資格が取れる理由

「完全オンラインで、業界最安値」と聞くと、 「本当に資格が取れるの?なんか怪しい」と思う人もいるでしょう。

ここでは、デイトラドローンコースがオンラインで資格が取れる理由を紹介します。

資格が取れる理由は、下記の3つがあるからです。

  • 試験は試験会場に行って受ける
  • ドローンを3台貸してもらえる
  • 動画カリキュラムと相談体制が整っている

試験は試験会場で受験する

デイトラの学習カリキュラムは完全にオンラインで提供されますが、民間資格を取得するには試験に合格する必要があります。この試験は指定の試験会場で行われます。

引用元:デイトラドローンコース

勉強不足や練習不足だと、合格はできません。

合格するまで、試験会場で受験する必要があります。

ドローンを3台貸してもらえる

デイトラドローンを3台貸してもらえます。

このドローンを使って練習をしていく流れになります。

貸してもらえるドローンは、トイドローンです。

「おもちゃのドローンか」と少し残念に思う人もいるでしょう。

しかし、おもちゃだから良いのです。

高性能ドローンと比べて、トイドローンは安定装置がついていないので、ドローンの飛行が不安定になります。

不安定なドローンをうまくコントロールする練習を通じて、ドローンの操縦技術が着実に向上します。

動画カリキュラムと相談体制が整っている

トイドローンの練習に加えて、オンライン講座のカリキュラムは動画も用意されています。

テキストだけの講座もありますが、動画講座も用意されているので、ドローンに関する知識も取得できます。

さらに動画やテキストだけでは理解できなかった時も安心です。

わからないことがあっても、メンターに質問できる制度も整っていますので、安心して受講できます。

ただし、サポート期限には期日があるので、費用を節約したい人はサポート期間までにカリキュラムを全て終わらせましょう。

デイトラドローンコースのカリキュラム

デイトラで、「なぜドローンの民間資格が取得できるか」については理解してもらえたでしょう。

ここからデイトラドローンコースの学習カリキュラムについて、少し紹介します。

ドローンに関する知識が習得できる

UAS Level2の試験でもドローンに関する知識が問われます。

試験に向けた講座やテキストも掲載されています。

テキストをダウンロードして、講座の動画を見て、学習する流れが効率的でしょう。

知識面以外にも、「空撮準備編」として機体登録から飛行許可承認申請まで学べます。

デイトラドローンコースが1つあれば、ドローンが飛ばせるようになります。

ドローンの操作技術を向上させる

レンタルドローンがあるので、実際にドローンに触りながら練習をします。

もちろん操縦も動画を見て実施します。

最初のころは操作に慣れるまでドローンはかなり不安定に飛びますので、注意が必要です。

ポイントは「ゆっくりドローンを操作する」です

スティックを倒せばダイナミックな操縦もできますが、操縦技術を身につけるためにゆっくりドローンを飛ばしましょう。

稼ぐ編に関して

デイトラドローンコースはUAS Level2の取得だけを目指しているわけではありません。

ドローンのスキルを使って、「 稼ぐこと」がゴールとなっています。

稼ぐために、

  • 何をすれば良いのか?
  • どんな準備をすれば良いのか?
  • どこに営業をかければ良いのか?

そんな疑問に答えてくれる講座も用意されています。

実際にデイトラドローンコースを受講してドローン業界に転職した人たちのインタビューも掲載されているので、参考になるでしょう。

実際にドローンで稼げるようになった人がいると、モチベーションが上がりますね

国家資格取得に向けた情報

ドローンの国家資格をデイトラドローンでは取得できませんが、国家資格に関する情報を網羅できます。

国家資格のメリットから、実地試験、合格後にすべきことが紹介されています。

下記にて詳しく紹介しますが、UAS Level2を取得して、ドローン国家資格の取得を目指すと、費用を抑えて、取得が目指せます。

ドローン国家資格の取得を目指している人は、UAS Level2資格の取得はおすすめです。

メンターはドローンビジネスで実績のある人たち

デイトラドローンコースで受講生の疑問に答えてくれるメンター

所属しているメンターは、ドローンを使って稼いだ経験のある人たちです。

藤本ひろきさん

YouTubeでドローンについて検索した経験がある人であれば、誰もが知っているでしょう。

日本最大のドローンコミュニティーを運営している人です。

せりぽよさん

2021年にドローンを始め、さまざまなドローンを業務経験し、現在はドローンライターとして活躍されている人です。

ドローンで実際に結果を出している人たちから学べる環境は、非常に有益です。

デイトラドローンコースでドローン国家資格

ドローンについて情報を調べている人であれば、「国家資格を取りたい!」と考えている人も多いでしょう。

しかしデイトラのドローンコースだけは、国家資格の取得はできません。

デイトラで取得した「UAS Level2」と「10時間飛行履歴証明書」を使えば、費用をおさせて国家資格の取得が目指せます。

デイトラだけでは、国家資格は取れない

デイトラだけでは、国家資格は取得できません。

しかし国家資格取得に向けた情報は充実しているので、ドローンを始めたばかりの人や民間資格を持っていない人はデイトラはおすすめです。

カリキュラムが充実しているので、ドローンに関する基礎知識や、ドローンの操作の基礎は間違いなく身につけられます。

デイトラドローンコースは、国家資格取得前の基礎が取得できる場所という認識でいてください。

デイトラを使えば、費用を抑えて国家資格取得が目指せます

デイトラで取得したUAS Level2と10時間飛行履歴証明書を持っていると、費用を抑えて国家資格の取得が可能です。

国家資格の取得を目指す場合は、スクールに通う人が多いと思います。

スクールは、ドローンの初学者と経験者で、必要になる費用が全く違います。

例えば、当サイトでも紹介しているAONEドローンスクール埼玉校のケースです。

下記の料金は、二等資格を想定しています。

初学者コース257,400円
経験者コース105,600円
差額151,800円

初学者と経験者では、受講費用は半額以下になります。

ここでデイトラで民間資格を取得して、経験者コースを受験するケースを確認してみましょう。

コース料金
デイトラドローンコース99,800円
二等国家資格経験者コース105,600円
上記2つのコース合計205,400円

AONEドローンコースの場合ではありますが、初学者コースから受講する場合よりも、デイトラドローンコースを使って経験者になった場合の方が講習費用が安くなりました。

初学者コースとデイトラ+経験者コースの差は

257,400円-205,400円=52,000円

52,000円も費用が落とせれば、ドローンを購入する時の選択肢の幅が広がります。

「民間資格や国家資格を取得して、ドローンで稼ぎたい」と思っている人であれば、抑えれる費用を抑えて、良いドローンを購入しましょう。

国家資格の費用は決して安くありません。しかし、費用を抑えることは可能です。

ドローン国家資格の費用に関して詳しく知りたい人は、下記の記事で詳しく紹介しているので、ぜひ読んでみてください。

▶︎【2024年最新版】ドローンの国家資格の費用は?失敗しない為の重要ポイント4選

国家資格以外でも、稼げる可能性もある

「国家資格がないとドローンの仕事ができない」と思っている人もいるでしょう。

実際のところ、国家資格がなくてもドローンの仕事は可能です。

デイトラのメンターも、国家資格がなくても仕事を受注していました。

もちろん国家資格がある方が信頼性が高まりますが、資格がなくてもドローンの操縦は可能です。

デイトラで取得できるUAS Level2でもドローンの仕事は可能です。

ドローンは民間資格もなくても飛ばせます。なぜ飛ばせるか自信を持って理解していない人はこちらの記事も参考にしてみてください。

▶︎【初心者向け】驚きの事実!ドローンを飛ばすための免許は不要

デイトラドローンコースのメリット

デイトラドローンコースで国家資格も視野に入れることを紹介しました。

デイトラドローンコースの良さは理解してもらえたと思います。

ここで改めてメリットを紹介します。

業界最安値の講習費用

99,800円の買い切りで、仕事に使える民間資格を取得できるデイトラは間違いなくお得です。

ドローンで仕事をする場合は、ある程度の性能の良いドローンが必要になります。

抑えられる費用を抑えて、性能の良いドローンを購入することによって、あなたの選択肢は大きく広がるでしょう。

「まずは練習用ドローンの購入」と思ってドローンを考えている人も多いと思います。

練習用のドローンは1万円から2万円で十分です。

性能の良いドローンは6万円以上します。練習用のドローンに6万円を出費するのはもったいないです。

ドローンで仕事を考えているのであれば、

講習費用を抑えて高性能なドローンを購入しましょう。

オンラインだから自由な時間に学習できる

自由な時間に学習できる点も大きなメリットです。

スクールに通う場合は、日にちも時間も限られていますので、本業で頑張りながらスクールに通うのは大変だと思います。

またスクールの場合は日にちが限られているので、一瞬で講習期間が過ぎていきます。

オンライン講座だからこそ、自分が理解できるペースで進めらえるのは、あなたにとっても利点になるでしょう。

追加料金不要で、最新のドローン情報を得られる

デイトラドローンコースは情報が非常に充実しています。

ドローンのルールは、毎年のように新しいルールが追加されています。

もちろん多少の時間差はありますが、大きなルールの変更点があった場合は、デイトラでも紹介されますので、デイトラドローンコース1つである程度の情報は網羅できるでしょう。

あとはドローンコミュニティに参加して、より現場に近い声を聞くことによって、あなたのドローンスキルもより向上させることができるはずです。

デイトラドローンコースのデメリット

デイトラのメリットを紹介しましたが、もちろんデメリットもあります。

このデメリットを理解して、メリットが上回っているようであれば、ぜひ下のボタンからデイトラドローンコースに申し込んでください。

モチベーションは自分次第

気持ちはあなた次第です。

  • 講座はオンライン
  • 好きな時間に受講できる
  • ドローンの練習もあなた次第

オンライン講座なので、モチベーションを上げるための工夫はされていますが、「 勉強するか、しないか」はあなた次第です。

直接的ではないですが、仲間もいます。

Discordというアプリを使って、デイトラドローンコースを受講している仲間とつながれます。

ぜひ頑張っている仲間がそばにいると思って、勉強や練習を進めてください。

不明点は解決するのに、時間を要する

実際のスクールと違って、デイトラは質問や不明点をオンラインのメッセージでやり取りをします。

テキストなので、うまく意図が伝わらなかったり、意味を理解できなかったりします。

そのため、不明点を解決するには時間が必要です。

しかし、理解できるまで、メンターは力を貸してくれます。

デイトラでは多くのドローンパイロットを輩出してきました。

受講者の不明点も蓄積されているので、あなたの不明点も、以前にあった不明点かもしれません。

力がある人たちがメンターをしているので、安心して受講できるでしょう。

メンターの経験や考えに直接触れる機会は少ない

メンターの経験に直接触れる機会は少ないです。

デイトラはどうしてもオンラインを中心に進みます。

スクールとは違って、講師による経験談や失敗談は直接には聞けません。

経験談や失敗談は、ドローンを勉強している人にとっては有益な情報です。

先輩たちの失敗談が聞けないのは、勉強している人にとっては機会損失になる可能性が高いでしょう。

頻繁ではないですが、デイトラでもドローンの練習会が実施されます。

そのような練習会でメンターやほかの仲間の話を聞けるのは、有効的な時間が過ごせるでしょう。

試験会場が限られている

試験会場は主要地域に設置されています。試験を受験できる店舗がある県は下記の通りです。

  • 東京
  • 大阪
  • 兵庫
  • 福岡
  • 福井
  • 鹿児島
  • 沖縄

上記の県に住んでいる人は手軽に受験できますが、住んでいない人は、試験会場までの移動が必要です。

北海道や東北地方に住んでいる人は、関東地方まで移動する必要があるので、デメリットになるでしょう。

まとめ

デイトラドローンコースで、ドローンの基礎知識や基礎の操縦技術を身につけて、ドローンで活躍できる人材になれます。

私も1年半前まではドローン初学者でしたが、このようにドローンのメディアに携わらせてもらっています。

ぜひあなたもデイトラドローンコースでドローンの大きな将来性を掴んでください。

また当サイトは、ドローン国家資格に関する情報やスクール情報を発信しているので、ぜひブックマークして、次回情報を楽しみに待っていてください。